〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-11-16  

日本キリスト教団 聖徒教会(せいと きょうかい)のホームページにようこそ!


聖徒教会は1957年に創立された約60年の歴史をもつプロテスタントの教会です。何よりも聖書の「神の言葉」の恵みを大切にする教会です。
教会は大きく門を開いています。礼拝、賛美と祈り、その他の集会等、お子さんから大人まで、どなたでもお気軽にお越しください。
 

神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。
(ヨハネの手紙Ⅰ 4章16節)


☆主日礼拝は、毎日曜日午前10時半、礼拝堂にて捧げます。詳しくは下の次週礼拝予告をご覧ください。お待ちしています。〔新型コロナウイルス感染対策として受付に消毒液とマスクを用意しています。さらに礼拝堂は三密を避け、座席は前後左右2メートル開けて座れるようにしてあります。安心してお越しください。〕

ランチタイム・パイプオルガンコンサート
4月~6月、9月~11月の第1、第2、第3水曜日の午後0:15~0:45、礼拝堂でパイプオルガンのコンサートを行なっています。バッハやヘンデル、さらにロマン派の音楽を楽しめます。どなたでも聴くことができます。どうぞお越しください。
パイプオルガンのコンサートを聴きたい方は聴きたい曲をクリックしてお聴きください。
①サン・サーンス作曲「白鳥」
②ムファット作曲 「フゲッタ」
③サン・サーンス作曲「ノアの洪水 前奏曲」

☆2021年のランチタイム・パイプオルガンコンサートは、新型コロナウイルスの感染状況によって未定といたします。ご了承ください。

 ランチタイムコンサート(YouTube) ⇒ ここをクリック

こどもの教会のお話し
日曜日のこどもの礼拝(午前10時30分〜11時)にお越しください。
お話の内容を見る ⇒ ここをクリック


【礼拝録音】
5月2日の礼拝録音を聞く ⇒ ここをクリック

次週礼拝予告
2021年5月9日(日) 午前10:30~11:45
復活節第6主日礼拝(母の日)
聖 書   使徒言行録 第1章1節~11節
説 教 「イエス・キリスト、昇天する」
説教者 松井睦牧師
讃美歌 556 158 (こども讃美歌40) 159 542
次週の説教導入
聖書:使徒言行録 第1章6~11節
 イエスは言われた。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また地の果てに至るまで、わたしの証人となる」。こう話し終わると、イエスは彼らが見ているうちに天に上げられたが、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった。

抄説教:「イエス・キリスト、昇天する」
 5月13日(木)は、「キリスト昇天日」にあたります。イースターから40日目のことです。弟子たちの前で、「天に上げられ、雲に覆われて彼らの目から見えなくなった」と聖書に記されています。
 「雲」は、神さまの居場所を表し、姿を隠す役割をします。モーセに導かれてエジプトを脱出した神の民12部族は「昼は雲の柱をもって導かれ、夜は火の柱をもって照らされたので、彼らは昼も夜も行進することが出来た。昼は雲の柱が、夜は火の柱が民の先頭を離れることはなかった」(出エジプト記13:21~22)と記されていますように、雲は神さまの姿を隠しながらそこにおられることを表す神の存在場所の象徴なのです。
 復活された主イエスも、その雲に覆われて天に上げられたのです。「天」は神の居場所です。地上では悲しみや苦しみ、さらに死があるのですが、天には、「もはや死はなく、悲しみも嘆きも労苦もない」(ヨハネの黙示録21:4)のです。その天に復活の主イエスは居場所を持っておられるのです。従って私たちは祈る時、主イエスの居場所に向かって祈ることが出来るのです。無方向、混沌としたところに祈るのではなくて主イエス・キリストのおられる天に向かって祈ることが出来るのです。
 そして主イエスは、やがてこの地上に再度到来すること(再臨)を約束して下さっています。まさしく罪あるこの地上は見捨てられることなく、主イエスの恵みが注がれる場所として覚えられるわけです。なんと嬉しいことでしょう。地上にこそ神の愛が注がれるのです。私たちはさらに10日後のペンテコステ(聖霊降臨日)を期待して待ち望むのです。

 ☆教会へのお招き
誕生 幼児祝福式 こども会 青年の集い 結婚式 壮年の集い 高齢者の集い 死の準備 葬儀
以上の人生の節目にキリスト教会はどなたにも対応いたします。牧師にご相談ください。(※今は新型コロナウイルスの感染拡大のため相談を一時中止といたしています。ご理解ください。)

日本キリスト教団
聖徒教会

牧師 松井 睦

 〒150-0022
 東京都渋谷区
    恵比寿南3-11-16
 TEL 03-3719-2841
 FAX 03-3719-4510

↑ PAGE