〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-11-16  

日本キリスト教団 聖徒教会(せいと きょうかい)のホームページにようこそ!


聖徒教会は1957年に創立された約60年の歴史をもつプロテスタントの教会です。何よりも聖書の「神の言葉」の恵みを大切にする教会です。
教会は大きく門を開いています。礼拝、賛美と祈り、その他の集会等、お子さんから大人まで、どなたでもお気軽にお越しください。
 

神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。
(ヨハネの手紙Ⅰ 4章16節)


☆主日礼拝は、毎日曜日午前10時半、礼拝堂にて捧げます。詳しくは下の次週礼拝予告をご覧ください。お待ちしています。〔新型コロナウイルス感染対策として受付に消毒液とマスクを用意しています。さらに礼拝堂は三密を避け、座席は前後左右2メートル開けて座れるようにしてあります。安心してお越しください。〕

ランチタイム・パイプオルガンコンサート
10月~11月の最後の水曜日の午後0:15~0:45、礼拝堂でパイプオルガンのコンサートを行ないます。バッハやヘンデル、さらにロマン派の音楽を楽しめます。どなたでも聴くことができます。どうぞお越しください。(今期は終了しましたが、来年は4月~6月を予定しています。)
パイプオルガンのコンサートを聴きたい方は聴きたい曲をクリックしてお聴きください。
①サン・サーンス作曲「白鳥」
②ムファット作曲 「フゲッタ」
③サン・サーンス作曲「ノアの洪水 前奏曲」


 ランチタイムコンサート(YouTube) ⇒ ここをクリック

こどもの教会のお話し
日曜日のこどもの礼拝(午前10時30分〜11時)にお越しください。
お話の内容を見る ⇒ ここをクリック


【礼拝録音】
01月29日の礼拝録音を聞く ⇒ ここをクリック

次週礼拝予告
2023年2月5日(日) 午前10:30~11:45
降誕節第7主日礼拝
聖 書  ヨエル書 第2章12~17節 
説 教 「神に立ち帰る」
説教者 松井睦牧師
讃美歌 558 92 (こども讃美歌14)300 539
次週の説教導入
聖書:ヨエル書 第2章12~17節
 主は言われる。「今こそ、心からわたしに立ち帰れ。断食して、泣き悲しんで。衣を裂くのではなく、お前たちの心を引き裂け」

抄説教:「神に立ち帰る」
 ヨエル書というのは、旧約聖書の中でも最も小さい預言書のひとつです。たった四章しかないのです。しかし内容豊かで新約聖書にその一部が引用されています。使徒言行録の二章十七節から二十一節です。聖霊降臨のくだりです。
 さて、ヨエルという預言者は紀元前四〇〇年から三五年頃に活躍したと言われています。その頃、恐ろしいイナゴの襲来があったようです。いまだかつてない大災害となり、作物は全て食べつくされ、一瞬にして原野が廃墟と化したと言われています。食べるものがなくなったとき民は神さまに祈ったのです。「ああ、恐るべき日よ、わたしたちの目の前から食べ物は断たれ、わたしたちの神の宮からは喜びも踊ることもなくなった。主よ、わたしたちはあなたを呼びます。炎が野の木をなめ尽したからです」(ヨエル書一章十五~十九)と。
 日ごろ当たり前のように食物があり、食べることに不便を感じない現代人には考えられないような有様です。しかし二、四〇〇年前にはよくあることだったのです。「食べ物は神さまがくださる。感謝していただく」のが当然なのですが、現代人はそのことを忘れて傲慢になり、貴重な食べ物を捨てているのです。
 ヨエルは神の言葉を取り次ぎます。「神は言われる。『今こそ、心からわたしに立ち帰れ。断食して、泣き悲しんで。衣を裂くのではなく、お前たちの心を引き裂け』。主に仕える者は言うがよい。『主よ、あなたの民を憐れんでください』と。」(ヨエル書第二章十二~十七節)。飽食の現代においてこそ預言者ヨエルの言葉にわたしたちは立ち帰るべきでしょう。命は神さまから頂いており、生かされていることを感謝すべきだと。

☆教会へのお招き
誕生 幼児祝福式 こども会 青年の集い 結婚式 壮年の集い 高齢者の集い 死の準備 葬儀
以上の人生の節目にキリスト教会はどなたにも対応いたします。牧師にご相談ください。

日本キリスト教団
聖徒教会

牧師 松井 睦

 〒150-0022
 東京都渋谷区
    恵比寿南3-11-16
 TEL 03-3719-2841
 FAX 03-3719-4510

↑ PAGE